ヒゲ脱毛について

男性にとってヒゲとは切っても切れない存在です。
男性はヒゲについての悩みを多かれ少なかれ持っているものです。
「他の人よりヒゲが濃い」 「肌が弱いことで起こるヒゲそり後の慢性的な肌荒れ」 「ヒゲそりの煩わしさ」などその悩みは人それぞれで、あげればきりがありません。
また、好んでヒゲを伸ばしている方も、理想の形にするのには大変の苦労があるとききます。
このように悩みが多いヒゲですが、エステやクリニックでヒゲ脱毛ができることはご存じでしょうか?ヒゲ脱毛には、希望のデザインどおりに脱毛することができるデザイン脱毛完全脱毛があり、その方の望む方法を選ぶことができます。施術方式は、「レーザー脱毛」・「光脱毛」・「針脱毛」があり、それぞれメリット・デメリットがあります。
このように一言でヒゲ脱毛といっても様々な方式があります。
自分にあった方式はどれなのか、事前のカウンセリングが重要といえます。

ほとんどのエステやクリニックでは、無料カウンセリングを行っています。
WEBで簡単にお申し込みできますので、まずはお気軽に無料カウンセリングをなさってみてはいかがでしょうか。

 

エステかクリニックか?

エステで脱毛

医療機関へ行くほどでもないとお考えでしたら、エステティックサロンでの施術がおすすめです。

ただ、エステサロンのイメージとして、勧誘行為や金銭的なトラブルを懸念される方も多いです。
評判の良い社会的にも信頼できるサロンであれば、勧誘行為が皆無なところも多くあります。

光脱毛は医療機関のレーザー脱毛よりも出力が低いので、効果もその分落ちますが、肌にかける負担も少ないので、安全に使用できる設計になっています。

肌の弱い方にはレーザーよりも、エステティックサロンの光脱毛のほうがお勧めです。

     公式サイトへリンクしています ⇣クリック⇣
RINX全国展開しており予約が取りやすく、店舗移動も簡単です。

クリニックで脱毛

医療機関でのヒゲの脱毛についてですが、脱毛には電気脱毛(電気針脱毛)と、レーザー脱毛があります。

電気脱毛(電気針脱毛)と、レーザー脱毛は医療行為ですので、厚生労働省が認可した機器を、クリニックでのみ使用することができます。
そして医師、看護士に施術が許されています。

これらの脱毛方法は、永久的な効果が期待できるものです。

電気脱毛は毛穴に直接針で電気を流し、毛を作る毛根部分を焼きながら処理する方法です。
肌への負担は少なく、一度施術すると、永久性は高いでしょう。
しかし、痛みが伴う場合があることと、施術時間がかなりかかることがデメリットといえます。
費用もかかります。

レーザー脱毛は肌を傷つけず、痛みも伴いません。 短時間で済みます。
ただ、毛根のメラニン色素に反応するレーザーを使用し、内部から脱毛する方法ですので、
メラニン色素を多く含む日焼けしたお肌には適さない場合があります。

しかし、肌にトラブルのある人や、敏感肌・アトピー性皮膚炎の人なども、医師と相談することにより、個人に合った施術法や出力の強さなどを調整してもらえます。

痛みが心配でも麻酔等を使用することも可能ですので、お医者さんに何でも相談しましょう。

脱毛をクリニックでする最大のメリットは、お医者さんに相談できることです。

 

         公式サイトへリンクしています ⇣クリック⇣
ゴリラクリニック出来る限り痛みを取り除く工夫(麻酔もあり)しています。